ネットで稼ぐ方法一覧(Yodaの評価付き)初心者でもわかるネットビジネス総合案内 その3

ネットビジネスドクターの与田孝宙(よだたかひろ:ヨーダ)です。

今日は、ネットで稼ぐ方法、初心者でもわかるネットビジネスのあれこれについてお話したいと思います。

そもそも「ネットビジネスってなに?」という方はこちらからどうぞ。

ネットビジネスとは?リアルビジネスと何が違うの?

ネットビジネスと一言で言ってもその種類は数え切れないほど存在します。

中には「それってビジネスって言うの!?」というような魔法なのか妄想なのかよくわからないものまで存在します。

その辺もあわせてお話しましょう。

今回は「その3」です。

僕が実践したことがあるものについては、それぞれに評価やコメントを書いておきますので参考にしてください。

1.仮想通貨(暗号通貨)

最近、仮想通貨が流行ってますね。

ブロックチェーンという技術を使った「仮想的、暗号的」な「通貨(お金のようなもの)」なんですが、昨年末に爆発的に上がり、そして、爆発的に沈みました(^^;)

僕はバブルの随分前に仮想通貨のことを知り、どっちかって言うと投資、投機目的よりも、その技術に興味を持ちました。

いろいろと特徴のあるコインがあり、それぞれ技術もかなり面白いです(僕のお気に入りはNEMです)。

もちろん、売り買いができますので、安く買って高く売ることが可能です。

このあとに紹介するFXは、ドルや円を売り買いしますが、仮想通貨も同じようなことができます。

しかし、仮想通貨は上下の動きが激しく、なかなかハードな体験ができますよ(^^;)

年末あたりに買った人たちは今頃は売るに売れず青い顔になっていると思います。

ただ、上下の動きが激しいからこそ当たると大きいんですけどね。

現在、仮想通貨は、まだ市場が小さく、仕組みや法律も整っていないため、いろいろな問題が出ています。

その中で、上手くやれば稼ぐことは可能ですが、短期で稼ごうとすると、ほぼ情報戦と言ったところになります。

良い情報を早く得られる環境にないと、なかなか大きく稼ぐのは難しそうです。

Yodaの評価
知識
(3.0)
労力
(2.0)
稼ぎ
(1.0)
当たればデカイ度
(3.0)

2.仮想通貨アービトラージ(裁定取引)

FXや仮想通貨で稼ぐには、通常は安いときに買って高いときに売るのが基本となります。

なので、買うときと売るときには、その間の時間が必要です(値が動く必要があるので)。

この時間は、短くて数秒、長いと数ヶ月とか数年とかになります。

この時間をかけずに利益を出す方法として「アービトラージ」という方法があります。

FXでは禁止されていますし、簡単には成立しないようになっていますが、仮想通貨の場合は法律が整備されていないので実質的にはできてしまいます。

これは取引所(仮想通貨を売買する場所)間の価格差を利用するというもので、原理的には同じ時に取引所Aで1万円で買った仮想通貨を1.1万円で売っている取引所Bで売るというものです。こうすることで千円が利益になる計算です。

原理は簡単ですが、実際にやってみるとなかなか困難です。かなりの元手がないとまとまった金額にはならないでしょう。

Yodaの評価
知識
(2.0)
労力
(2.0)
稼ぎ
(1.0)
当たればデカイ度
(2.0)

3.FX(外国為替証拠金取引)

FXは、各国の通貨を売買して利益を得る方法です。

例えば1ドルを100円で買って、120円で売れば20円の利益になりますね。各通貨は、刻々と価格が変動していきますので、上手くやれば利益が出るということです。

これを大きな金額でやれば、利益もそれだけ大きくなりますが、単純に手持ちの資金で買っていては、ものすごい資金がないと利益も小さいです。

例えば、今、1万円を持って100円で1ドルが買えるとすれば、100ドルを買うことができます(手数料などの細かい話は抜きにして)。

これが1ドルが120円になったとして、持っているドルを全部売れば2千円の利益になります。

が、実際、20円も価格が変わるには相当の時間が必要です。大変です(^^;)

そこでFXは「レバレッジ」という仕組みを使って、手持ちの資金以上の購入能力をもたせます。

5倍のレバレッジなら、1万円を口座に入れれば、5万円分までの通貨を買うことができるんです。

すごいですね。。。

もちろん、これが落とし穴なんですが(^^;)

良いことばかりあるわけでもなく、やはりデメリットもあります。

FXの場合、95%の人が負けると一般的に言われていますが、その多くは、この「レバレッジ」の仕組みをきちんと理解せずにやっているからだと思います。

しっかり理解すれば、大勝は難しくとも、少なくともトントンかちょい勝ちくらいにはなると思います。

FXは最初の勉強が大事だと思ってください。

Yodaの評価
知識
(2.0)
労力
(3.0)
稼ぎ
(1.0)
当たればデカイ度
(2.0)

4.バイナリーオプション(バイオプ)

これは、アカンやつです(^^;)

これを投資やビジネスと言ってはいけない気がします。

バイナリオプションは、ある一定の期間の後の為替(ドルとか円とか)の状態を予測して賭けるもので、ほぼギャンブルです。

例えば、このあとの1分後にドルが今の価格よりも上がるか下がるかを予想して賭けるんです。

今のドルの価格が100円として、1分後にどうなるか?1万円をUPに賭けます。

1分後、ドルの価格が101円になりました。アタリですねっ(^^;)

倍率はその時によって異なりますが、一例として、当たれば掛け金の1.7倍が戻り、ハズレれば掛け金没収となります。

正直、1分後の通貨の状態など、ほぼ予測不可能で、どっちにもなり得ます。コインの裏表を当てる場合に似ていますね。

この一例だけでも勘の良い方は「お!?」と思うはずです。

そう。これはユーザー側が負けるようにできてるんです。

このバイナリオプションを使った怪しい情報があちこちに出回っていますので別の記事で詳細をお話します。

Yodaの評価
知識
(1.0)
労力
(2.0)
稼ぎ
(1.0)
当たればデカイ度
(1.0)

5.まとめ

さて、いろいろ紹介してきましたが、いかがでしたか?

ネットを道具に使い、稼ぐ方法はたくさんあります。

どれがいいか迷いますよね。このあと、まだまだご紹介していきますのでお楽しみに。

いくつかの中から迷っているようでしたら、どれが適切かアドバイスなどできる思います。

以下のページからお気軽にどうぞ。

では、あなたにとって大きな第一歩となりますように。。。

ネットビジネスドターの与田孝宙(よだたかひろ:ヨーダ)でした。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。