「やめたほうがいい」と言われたときに誰を信じるか?副業、起業するときによく言われる言葉とは?

こんにちは。ネットビジネスドクターのヨーダです。

あなたはもう第一歩を踏み出した頃でしょうか。

心配や不安の中、気のおける周りの人(友人、家族、同僚など)にそのスタートを話すことがあるかも知れません。

で、話してみてどうでしたか?

自分に近い人ほどこんなことをいうのではないでしょうか?

「そんなの上手くいかないからやめたほうがいい」

「真面目にサラリーマンやるほうがいいんじゃない?」

などなど・・・

僕もこんな感じでした。

わかってるんです。それが親切心や親心から出ている言葉だってことは。

 

実は、人間の本能として「変化を避ける」という行動があるんです。

これは生き物としての人間の本能なんですね。

変化=今までと異なる環境=危険が潜んでいる。

正解です。正しいです。仰る通り(^^;)

 

もちろん、今のあなたは旅に出たばかりで気力も満タン。

そう簡単には折れないですよね。

でも、一ヶ月、二ヶ月、半年たってもなかなか実にならなかったら?

「やっぱり上手くいかないかぁ」

「あの言葉は正しかったなぁ」

なんて思うんです。

そして言った方も「言った通りでしょ?(ドヤ顔)」ってなるんです。

こうやって「変化は上手くいかない」とあなたの心に刻み込まれます。

でも、ちょっと待って!

ホントにその言葉、正しいの?!

 

今の僕にははっきりわかります。

「やめたほうがいいよ」、「上手くいかないよ」

と言った人たちは、その変化なんて経験していないんです!そうですよね?

 

経験もしていないのに想像だけで「やめたほうがいい」、「上手くいかない」と言っているだけなんです。

やってもない、やり方も知らない。そんな人達の言葉が正しいですか?

ビジネスは簡単な世界ではありません。

だから「上手くいかない」方に賭けるほうが当たる確率が高い。

ただ、それだけ。真実はここにあった。

経験した、その道を歩んできた僕からあなたへの言葉は、

「経験もしてない人の言葉に惑わされるな」

変わりたくない人たち、変われない人たちの言葉によって多くの旅人たちが途中で旅をやめてしまうんです。

そして、その旅人たちも今度は逆に「そんなの無理だったよ」と言う側にまわるんです。

あなたはこのページに辿り着いた。

この相伝書はゴールへの道を指し示しています。

まだ、旅は始まったばかり。

自分を信じて!

あなたにとって大きな一歩となりますように。

ネットビジネスドクター
与田孝宙(よだたかひろ:ヨーダ)

無料相談受付中

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。